So-net無料ブログ作成

自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相や河野太郎衆院議員らが谷垣禎一総裁の進退に言及した問題で2日、執行部側は反論を開始した。また、執行部は、舛添氏らが相次いで開いている「勉強会」が、いずれ「谷垣降ろし」の拠点になるのではないかと警戒し、党内で高まりつつある執行部批判の火消しに躍起になっている。だが、舛添氏は2日も同様の発言を重ねており、7月の参院選に向けて党内の混乱に拍車がかかりそうな状況だ。

 「舛添氏は(大敗した)昨年の衆院選の時、内閣にいたはずだ」

 自民党の大島理森幹事長は2日の記者会見でこう言って、舛添氏に今の党運営を批判する資格がないと強調した。政党支持率が低迷しているとの指摘に対しても「長崎県知事選や東京都町田市長選、沖縄県石垣市長選で自民系候補が勝利した。言われているような実態でない」と反論した。谷川秀善参院幹事長も同日の記者会見で、舛添氏に発言の真意をただす考えを明らかにした。

 しかし、平成22年度予算案審議をめぐるちぐはぐな対応をきっかけに高まった執行部への不満は党内に根深く、簡単に抑えられそうにない。

 舛添氏は1日の講演で、世論調査で低迷する政党支持率を踏まえ、「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向に行くだろう」と述べたのに続いて、2日も「(党への)支持率がこのまま低迷すれば、選挙に勝てないという文句の声が出る観測もある」と強調した。

 また、大島氏の発言に対しては、「独裁の民主党じゃないので、自由な発言にこんな目くじらを立てるようではわが党の将来はない」と皮肉る余裕をみせた。

【関連記事】
舛添氏“おろし”発言に谷垣氏「団結大事」と反論
仙谷氏、新党連携に否定的 舛添氏発言
自民・舛添氏「総裁辞任で改革進む」 “谷垣おろし”宣言?
自民で「派閥の衰退」が顕著に 代わって「勉強会」が花盛り
舛添氏「手を突っ込む」 民主の一部と連携も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<津波>避難の3400人帰宅、危機管理に課題も…東海地方(毎日新聞)
「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺(産経新聞)
予算委分科会は欠席=集中審議出席の方針−自民(時事通信)
<自殺>対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)
小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及−自民幹事長(時事通信)

松原市 家庭ごみ“ヤミ処分” 堺の無許可業者で1万トン(産経新聞)

 大阪府松原市が市内で回収した家庭ごみのうち不燃物などを、隣接する堺市に無断で運び、家庭ごみの処理許可を受けていない産業廃棄物処理業者の施設で処理していることが3日、分かった。家庭ごみは許可施設での処分が義務付けられており、松原市の行為は廃棄物処理法に抵触する可能性が高い。こうした“ヤミ処分”は少なくとも平成20年度から行われ、これまでに1万トン以上が不正に処理されたとみられる。

 松原市では1月、市内のごみを無許可で収集していた清掃業者に、市側が長年にわたって便宜を図っていたことが発覚。澤井宏文市長はこの問題を受け、法令順守の徹底を表明していたが、ヤミ処分は今月まで続けられていた。市は「市内に処理施設がないので、苦肉の策としてやっていた」と釈明している。

 関係者によると、松原市は家庭ごみのうち、年間約5千トンの不燃物・粗大ごみの処理を、20年度から堺市内の産廃業者に委託。リサイクルに回せるものを取り除いたうえで現地で破砕・焼却させているが、この業者の施設は家庭ごみを処分できる堺市の許可を取得していない。

 廃棄物処理法によると、家庭から出た不燃物・粗大ごみは市町村に処理責任がある一般廃棄物に含まれ、原則として公営の焼却場のほか、都道府県と政令市の許可施設でしか処分できない。市外で家庭ごみを処理する場合は、搬出先の自治体への事前通知が必要だが、松原市は堺市に一切、知らせていなかった。

 松原市環境業務課によると、市内にはもともと、不燃物・粗大ごみの処理設備がなく、過去にも別の無許可業者に委託していた時期があったという。同課は「望ましいことではない」としながら、市の処理施設が完成するまでの「暫定措置だった」と説明した。しかし、施設建設の計画はほとんど進んでおらず、ヤミ処分解消のめどは立っていない。一方、委託先の堺市の産廃業者は「産廃として処理している。松原市のごみが一般廃棄物とは聞いていないし、もしそうなら契約しない」と話した。

 無断でごみを持ち込まれた堺市の担当者は「非常に迷惑なこと。産廃業者には早急に処理を停止するよう指導した」としている。

傘挟み地下鉄停電=1万3000人に影響−大阪(時事通信)
<雑記帳>“究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)
メマンチン
恐怖指数
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)

沿道で116万人が声援=警視庁4000人動員−東京マラソン(時事通信)

 東京マラソンで警視庁は28日、警察官約4000人を動員し、コース周辺の交通整理や警備に当たった。最大で6時間以上にわたり、都心の主要道路を規制したが、大きな混乱はなかった。
 大会事務局によると、沿道には約116万人の観客が詰め掛け、関連イベントにも約50万人が集まった。ボランティア約9200人が運営に協力した。 

【関連ニュース】
東京マラソン運営、法人化へ=国内初、優先参加枠可能に

富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
<トムラウシ山遭難>山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
<R−1ぐらんぷり>あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
大麻事件摘発の少年「たばこの延長で…」 大阪府警調書分析(産経新聞)
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など−大阪府警(時事通信)

トーシン (名古屋市)

株式会社トーシン(Toshin Corporation)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く企業である。概要携帯電話販売代理店を展開するほか、不動産事業やゴルフ場運営などのリゾート事業も行っている。沿革1988年4月30日 「東新産業株式会社」として設立。2000年 「株式会社トーシン」に商号を変更。2000年10月11日 ナスダックジャパン(現・大証ヘラクレス)に株式を上場。関連会社さくらアセットマネジメント株式会社トーシンリゾート株式会社関連項目トーシン・トーナメント(仮称、2010年から新規に子会社のトーシンリゾートが運営する三重県のゴルフ場で開催される日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメント)池田勇太(プロゴルファー。専属契約を結んでいる)外部リンク株式会社トーシン 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%B3_(%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82)」より作成カテゴリ: 日本の情報・通信業 | 大証ヘラクレス上場企業 | 名古屋市の企業隠しカテゴリ: 企業関連のスタブ

小沢氏進退「なんで?本人じゃないでしょ」 民主幹部が反論(産経新聞)
外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
<三寺まいり>冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)
子供用携帯、都が推奨へ…全国初の「お墨付き」(読売新聞)
水俣病 関東移住の46人に疑い 東京で検診(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。