So-net無料ブログ作成

交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児(産経新聞)

 落とし物として届けられた小銭入れから現金を着服したとして、兵庫県警は21日、業務上横領容疑で、西宮署甲陽園交番に勤務する巡査長、小松喬容疑者(27)=神戸市北区=を逮捕した。県警によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今月2日午後、西宮市内の女性が拾得物として同交番に小銭入れから約1500円を着服したとしている。

 県警によると、小銭入れは市内の小学1年の男児(6)が、近くの女性宅の庭に落とした。女性が2日に届けた際、小松容疑者が対応した。11日に、探していた男児が父親と女性宅を訪問。女性とともに交番へ行ったところ、残金が少ないことがわかり、小松容疑者の犯行が発覚したという。

【関連記事】
交番マークもぎ取った中2男子を書類送検
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警
「写真撮ってる場合か」 現場撮影中の警官を殴った男逮捕 岡山県警
落とし物を届ける間に出火し、ラーメン店全焼 和歌山
ビール瓶で警察署を襲撃 少年3人逮捕、千葉
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】ゼリーフライに地大豆おから(産経新聞)
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行−文科省(時事通信)
<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)

全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)

 実態に合わなくなった交通規制の見直しを進めている警察庁は22日、新潟、兵庫など11道県15カ所の有料道路や国道バイパスなどについて、規制速度(制限速度)を現行の時速60キロから70〜80キロへ引き上げることを検討していると発表した。15カ所は北海道、千葉、神奈川、新潟(4カ所)、石川、岐阜、兵庫(2カ所)、鳥取、佐賀、宮崎、鹿児島の一般道。いずれも新基準で「道路構造の水準が高く、走行性を重視した道路」に区分されている。

村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)

 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。

 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。

 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。【宍戸護】

名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
10歳で漢検1級!…最年少タイ、小5・西村君(読売新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕−警視庁(時事通信)

「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)

 竹原信一市長(51)が市議会への出席を拒否して混乱が続く鹿児島県阿久根市議会で、市長を支持する市議4人が、議会の自主解散決議案を開会中の市議会(16人)に提案することが8日、分かった。

 決議案の可決は、議員数(議長を含む)の4分の3以上が出席し、その5分の4以上の同意があれば可能。可決されれば議会は即日解散となるが、市議会は反市長派が12人を占めており、決議案は否決される見通し。

中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)
容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」−奈良県警(時事通信)
カラスが電柱で巣作り、そして停電が起きた(読売新聞)
子ども手当 外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ(毎日新聞)
<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)

<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)

 東京都国分寺市の路上で住所・職業不詳の中川公太さん(22)が遺体で見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部は5日、立川市錦町2、無職、高橋和範容疑者(28)ら21〜28歳の男6人=逮捕監禁容疑で逮捕=を殺人容疑で再逮捕した。また、住所・職業不詳、板橋良治容疑者(27)ら男2人を殺人容疑で指名手配するとともに、立川市砂川町1、自称配管工、生沼聖司容疑者(26)を逮捕監禁容疑で新たに逮捕した。

 6人の逮捕容疑は、3月15日午前1時半〜3時ごろ、埼玉県飯能市の資材置き場で、中川さんに金属バットや素手で殴るなどの暴行を加え、殺害したとしている。捜査本部によると、一部は容疑を認め「中川さんのグループと対立関係にあった」と供述しているという。【山本太一】

【関連ニュース】
東京路上に男性遺体:殺人容疑で6人再逮捕へ 警視庁
国分寺死体遺棄:監禁容疑で男6人逮捕
国分寺死体遺棄:4〜5人の男が車で連れ去る 数人を聴取
死体遺棄:身元確認 頭に複数の殴打跡 東京・国分寺
変死:両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上

<雑記帳>「歌声モノレール」が大人気 千葉市(毎日新聞)
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)

元公設秘書「パーティー収入水増しによる虚偽記入を指示」 検察側冒陳要旨(下)(産経新聞)

【鳩山首相元公設秘書初公判】検察側冒陳要旨(下)

 【北海道友愛政経懇話会収支報告書での虚偽記載の経緯】

 北海道友愛政経懇話会は、平成16年以降、安子さんと鳩山議員の実姉から、毎年各150万円の寄付を受けていたが、安子さんと実姉は、友愛政経懇話会などに対しても、それぞれ毎年各150万円の寄付をしており、16年分の寄付については、友愛政経懇話会及び北海道友愛政経懇話会とも収支報告書に記載していた。官報などの公表を受け、地元新聞の記者から「政党と政治資金団体以外の同一の者に対する個人献金の上限額を年間150万円と定めている政治資金規正法の趣旨に反するのではないか」などの指摘を受けた。

 そこで、勝場(啓二)被告は17年11月、鳩山議員の事務所として「このような疑念を招くことがないよう、適正な政治資金の取り扱いに取り組んでいきます」というコメントを地元新聞に出した。しかし、安子さんと実姉から受けていた各150万円の寄付を返還し、今後寄付を受けないことにすると、資金繰りが苦しくなると考え、Sに対し、寄付の返還や今後の辞退を指示しなかった。

 一方で、安子さんと実姉からの寄付を収支報告書に記載すれば、地元新聞から批判を受け、鳩山議員に政治的な悪影響がでかねないと判断し、18年から21年までの間、毎年2月下旬か3月上旬ごろ、Sに対し、同会の17年分以降の収支報告書に、各寄付を記載しないよう指示した。Sは指示を受けて、17年から20年までの間も、毎年、北海道政経懇話会が安子さんと実姉から各150万円の寄付を受けていたにもかかわらず、収支報告書に記載しなかった。

 北海道友愛政経懇話会では、寄付収入および政治資金パーティー収入だけでは支出をまかなえず、勝場被告から送金されてくる年間1億円弱の資金の中から不足分を補填(ほてん)しており、補填分については収支報告書に、友愛政経懇話会からの寄付収入として記載していた。

 しかし、それに伴い友愛政経懇話会の収支報告書に支出として記載する寄付金額が増加し、虚偽記入しなければならない額も手間も増えることから、勝場被告はできる限り同会から北海道友愛政経懇話会への寄付として記載する金額を低く抑えたいと考えた。

 勝場被告は、その分をパーティー収入水増しで対処することとして、平成19年から21年までの間、毎年2月下旬か3月上旬ごろに、Sに対し、18年ないし20年分の各収支報告書に、政治資金パーティー収入を1千万円程度水増しして、虚偽の記入をするよう指示した。

 Sは指示通り、北海道友愛政経懇話会の18年ないし20年の各収支報告書に、「特定パーティーの対価に係る収入の合計金額」を、1千万円程度水増しして虚偽記入した。

 Sは、安子さんと実姉からの各寄付を記載せず、政治資金パーティー収入の金額について虚偽記入した北海道友愛政経懇話会の収支報告書、17年から20年分を北海道選挙管理委員会に提出した。

【関連記事】
(上)「毎月1500万円を自由に使える金として…」 首相元公設秘書初公判・検察側冒陳要旨
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」
鳩山首相元秘書初公判 勝場被告に禁固2年求刑 
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める

桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
菅家さん無罪確定 冤罪の構造、暴けぬまま(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。