So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

琴光喜、名古屋場所休場と謹慎…親方通じ申し出(読売新聞)

 大相撲の大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)が野球賭博への関与を認める上申書を提出した問題で、琴光喜が15日、師匠の佐渡ヶ嶽親方を通じて、名古屋場所1場所の休場と謹慎を申し出て、理事会が了承した。

 琴光喜への処分は今後、改めて決める。

 琴光喜は5月、週刊誌で、違法な野球賭博にかかわり暴力団関係者とトラブルになっているとする内容の記事が報じられた。掲載直後の夏場所14日目(5月22日)には、警視庁が大関本人から事情を聞き、相撲協会も5月27日の協会理事会で聴取を行った。

 琴光喜はいずれに対しても関与を否定してきたが、相撲協会の武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は今月14日を期限として力士や親方ら全協会員に賭博行為を自己申告するよう促し、琴光喜は一転して関与を認める上申書を提出していた。

精神障害による労災請求件数が過去最高―目立つ医療、福祉(医療介護CBニュース)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)
振興銀事件 偽装取引を承認 取締役会、SFCGに持ち掛け(産経新聞)
「Twitterやめるだう!」――ハマコーが次に目指すものとは(Business Media 誠)
菅首相、初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!(産経新聞)

芭蕉最後の旅、暗峠 現代に息づく江戸の風景(産経新聞)

 霧雨煙る暗峠(くらがりとうげ)。一瞬、江戸時代に紛れ込んだような、幻想的な風景に出合った。

 春日大社の参道から延びる三条通を起点に生駒山を越え、奈良大阪を結ぶ最短の道が暗越(くらがりごえ)奈良街道。奈良時代から利用されてきた古道で、暗峠(標高455メートル)はその最大の難所だ。名前の由来は想像がつくけれど、「鞍(くら)がえ」や「椋(くら)ケ嶺」がなまったものともいわれている。

 現在は国道308号…とはいえ、狭く急な坂道ゆえに「酷道」と呼ぶ人も。峠に残る石畳には風情が漂い、にぎわう往時をしのばせた。かの鑑真も平城京に入るとき通ったそうだが、この峠を越えた有名人といえば、やはり松尾芭蕉だ。

 菊の香にくらがり登る節句かな

 秋の句で恐縮だが、最後の旅となった元禄7(1694)年9月、芭蕉は重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)に合わせて奈良を訪れた。門人を訪ねて大阪へ向かう道中、暗峠を越えている。体調を崩して山道はきつかったはずだが、風雅の心が勝ったのだろう。この旅で代表句の1つ「菊の香やならには古き仏達」も詠んだ。古(いにしえ)の都は芭蕉の旅心を誘ってやまない場所だったようだ。そのあと大阪で病床につき、1カ月後、帰らぬ人となる。

 俳聖の旅から300年。鉄道や有料道路の敷設でひっそりと静まる峠には、霧に緑がにおい立ち、夏の訪れを告げていた。(文 山上直子)

【関連:麗し大和】
謎の当麻寺 絶景スポットはここ!
時代劇の撮影できる? 町家の楽しみ
お茶はいつから飲まれるようになったのか?
藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える
う〜ん、美しい。。。ブツブツと仏像のこと 

<裁判員裁判>「全国初」懲役15年確定へ(毎日新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
<リニア中央新幹線>迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)

閉鎖中の食肉処理場を再開へ=特例、牛肉の出荷促進で―農水省(時事通信)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、農林水産省は24日、発生地から半径10キロ以内にあり、閉鎖していた同県都農町の食肉処理場を特例的に再開する方針を決めた。牛肉の早期出荷を促している10〜20キロ圏内の農家などに活用してもらうのが目的だ。
 同省は、感染地域との緩衝地帯を設けるため、10〜20キロ圏内の農家に対し、牛肉の早期出荷を促す方針。ただ、この圏内には食肉処理場が1カ所しかなく、宮崎県から、発生地に近く閉鎖している都農町の食肉処理場の再開に対する要望が出されていた。 

口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
首相、外相らと対応協議…韓国艦沈没(読売新聞)
色鮮やかで大きな“幻” 北海道北部・イトウ(産経新聞)

<たちあがれ日本>元巨人の中畑清氏擁立を検討 参院選(毎日新聞)

交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児(産経新聞)

 落とし物として届けられた小銭入れから現金を着服したとして、兵庫県警は21日、業務上横領容疑で、西宮署甲陽園交番に勤務する巡査長、小松喬容疑者(27)=神戸市北区=を逮捕した。県警によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今月2日午後、西宮市内の女性が拾得物として同交番に小銭入れから約1500円を着服したとしている。

 県警によると、小銭入れは市内の小学1年の男児(6)が、近くの女性宅の庭に落とした。女性が2日に届けた際、小松容疑者が対応した。11日に、探していた男児が父親と女性宅を訪問。女性とともに交番へ行ったところ、残金が少ないことがわかり、小松容疑者の犯行が発覚したという。

【関連記事】
交番マークもぎ取った中2男子を書類送検
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警
「写真撮ってる場合か」 現場撮影中の警官を殴った男逮捕 岡山県警
落とし物を届ける間に出火し、ラーメン店全焼 和歌山
ビール瓶で警察署を襲撃 少年3人逮捕、千葉
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)
<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】ゼリーフライに地大豆おから(産経新聞)
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行−文科省(時事通信)
<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)

全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)

 実態に合わなくなった交通規制の見直しを進めている警察庁は22日、新潟、兵庫など11道県15カ所の有料道路や国道バイパスなどについて、規制速度(制限速度)を現行の時速60キロから70〜80キロへ引き上げることを検討していると発表した。15カ所は北海道千葉神奈川、新潟(4カ所)、石川、岐阜、兵庫(2カ所)、鳥取佐賀宮崎鹿児島の一般道。いずれも新基準で「道路構造の水準が高く、走行性を重視した道路」に区分されている。

村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)

 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。

 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。

 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。【宍戸護】

名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)
10歳で漢検1級!…最年少タイ、小5・西村君(読売新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕−警視庁(時事通信)

「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)

 竹原信一市長(51)が市議会への出席を拒否して混乱が続く鹿児島県阿久根市議会で、市長を支持する市議4人が、議会の自主解散決議案を開会中の市議会(16人)に提案することが8日、分かった。

 決議案の可決は、議員数(議長を含む)の4分の3以上が出席し、その5分の4以上の同意があれば可能。可決されれば議会は即日解散となるが、市議会は反市長派が12人を占めており、決議案は否決される見通し。

中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)
容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」−奈良県警(時事通信)
カラスが電柱で巣作り、そして停電が起きた(読売新聞)
子ども手当 外国人への支給厳格化 年2回帰国面会確認へ(毎日新聞)
<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)

<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)

 東京国分寺市の路上で住所・職業不詳の中川公太さん(22)が遺体で見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部は5日、立川市錦町2、無職、高橋和範容疑者(28)ら21〜28歳の男6人=逮捕監禁容疑で逮捕=を殺人容疑で再逮捕した。また、住所・職業不詳、板橋良治容疑者(27)ら男2人を殺人容疑で指名手配するとともに、立川市砂川町1、自称配管工、生沼聖司容疑者(26)を逮捕監禁容疑で新たに逮捕した。

 6人の逮捕容疑は、3月15日午前1時半〜3時ごろ、埼玉県飯能市の資材置き場で、中川さんに金属バットや素手で殴るなどの暴行を加え、殺害したとしている。捜査本部によると、一部は容疑を認め「中川さんのグループと対立関係にあった」と供述しているという。【山本太一】

【関連ニュース
東京路上に男性遺体:殺人容疑で6人再逮捕へ 警視庁
国分寺死体遺棄:監禁容疑で男6人逮捕
国分寺死体遺棄:4〜5人の男が車で連れ去る 数人を聴取
死体遺棄:身元確認 頭に複数の殴打跡 東京・国分寺
変死:両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上

<雑記帳>「歌声モノレール」が大人気 千葉市(毎日新聞)
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書(産経新聞)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
<論文盗用>東大がトルコ籍の元助教懲戒解雇、経歴偽造も(毎日新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。